・最新の記事へ

・2006年 2月〜3月

・2005年 12月〜1月

・2005年 10月〜11月

・2005年 8月〜9月

・2005年 6月〜7月

・2005年 4月〜5月

・2005年 3月

  ■編集部週番日誌 2006/4/01
「編集長's ヒエラルキー」


本日の週番日誌担当:Kita


ある日の、編集長・まっきーとライター・ゆっきーの会話。


編集長 「この前、彼女の家に行ってきた」
  ゆっきー「へー。家族の人とは上手く話せたのですか?」
  編集長 「ご両親とは大丈夫なんやけど、犬がめっちゃ怖いんだっ」
  ゆっきー「犬? 何犬?」
  編集長 「ミニチュアダックスフンドなんだけど、俺が近づいたらガチンコでケダモノ状態。殺されるかと思った」
  ゆっきー「普段からエサあげてないと、なつかないっていうからなぁ。じゃあ、遊んでもくれないんだ」
  編集長 「『お前しかボール投げられるヤツおらんし、仕方ないから投げさせたるわ〜』って感じ。明らかに、俺がヒエラルキーの一番下。どうしたら仲良くしてくれるかなー」

悩む編集長に、ゆっきーは極上のスマイル。

ゆっきー「そんなん、誰も見てない時にキャインキャイン言わせたったらええねん」

その会話以降、編集長はゆっきーに敬語を使います。


●モドル●


■編集部週番日誌 2006/3/26
「赤も緑も黒く映るテレビ」


本日の週番日誌担当:Kita


編集室では、みんなでTVアニメを観ることがあります。
 先日は仕事が順調に進み、夕方までにほとんど片づいてしまったこともあり、
  「じゃあ、みんなでアニメ『BLOOD+』を観ようか」
  ということになりました。


録画ではなく、リアルタイムでアニメを観るなんて本当に久しぶりです。
  OPが始まるなり、ゆっきーが「すごーい!」と大感激。

「このシーンって、赤色だったのね!!」

なんじゃそりゃ!


ゆっきーの家のテレビは未だに壊れたままで、“赤色”が映らないのです。
  しかも予算の都合で、新しいテレビを買う予定は全然ないのだそうな。

最近、世間を騒がせている「電気用品安全法」も知らないのでは? と不安になる一幕でした。


●モドル●


■編集部週番日誌 2006/3/9
「あなたの脳年齢は?」


本日の週番日誌担当:要


こんにちは。最近、「脳を鍛える」ゲームが流行ってますね。
  そこで、きゃらびぃチームでも、やってみました!
  ニンテンドーDS『脳を鍛える大人のDSトレーニング』簡単脳年齢チェック!!


ルールは簡単。画面に表示された「文字の色」を言葉で答えるだけ。
  手軽に脳の年齢が測定できます。
  出題例:くろ←だと「赤」と答えます。


トップバッターはkitaさん(実年齢20代後半)。
  「え? どっちの画面見るの(?_?)」
  ゲーム開始早々、若者とは思えないオロオロぶり。結果は…
  「50代!? こんなゲームで俺の能力が計れるわけないやん! 2度とやるか!!」


逆ギレのkitaさんは置いといて、どんどんいきますよ〜。

  事務所の隅で、こっそり測定していたユッキー(実年齢2●才)。
  →脳年齢50代

  ルールがわからずユッキーに説明をうけながらのやっちゃん(実年齢2●才)。
  →脳年齢50代

  機械に声を聞き取ってもらえず「き・い・ろ!」と絶叫していたダニー(実年齢20才)。
  →脳年齢60代

  同じく黄色が反応しないツバサくん(実年齢22才)。
  →脳年齢60代



ほとんどの人が還暦近い脳年齢をはじき出した中、
真打ち・編集長まっきー(実年齢20代後半)が挑戦!
「うわ〜何か緊張するなぁ〜」
言葉とは裏腹に、他の人とは明らかに違うテンポで回答する編集長(実年齢20代後半)。
結果は…


「30代! ほらみてみぃ。誰が“長(おさ)”か分かったかぁ!!」
「スゲー」(一同拍手)


編集長がハイスコアをたたき出したものの、
結局みんな実年齢を越えられないのでした。


きゃらびぃチーム…あやうし?


●モドル●


■編集部週番日誌 2006/2/25
「チョコレートの日。」


本日の週番日誌担当:ウッチィ


体の半分はツナマヨでできている男(profile参照)・kitaさんから、
  日誌の週番が回ってきたウッチィです。はじめまして!
  ちなみに私の体の半分はチョコレートでできています。


先日、そんなチョコレート好きの私のためにあるようなイベントが終わりましたね。
  そう、バレンタインデーです!!


町中を歩くと、そこかしこにチョコレートが売り出されていて、
  うっかりよだれもでてくるバレンタイン!


デパートなんかに行くと、限定・新作チョコレートの嵐で、
  試食だけで心も躍るバレンタイン!


割と本格的な手作りキットも出ていて、
  今年は作ってみようかな!と息巻いてみたバレンタイン!


そして、いつの間にやら当日を迎えたバレンタイン!!!


……あれ?


結局、心の中だけであのキャラこのキャラにプレゼントを贈りつつ、
  自分用に買った市販のチョコレートをほおばるのでありました。


●モドル●


■編集部週番日誌 2006/2/5
「メガネは顔の一部なんです」


本日の週番日誌担当:Kita


『メガネ男子』なんて本が出されるほど、
 世間ではメガネブームが巻き起こっております。
  しかし、そんな世間の流行とはカンケーなく、うちでは前から編集部員の7割以上がメガネ男子orメガネっ娘なんです。


電車移動の時、メガネ編集部員が一列に着席していると、周囲からの視線が違います。
  喫茶店で打ち合わせをしていると、ウェイトレスさんたちが遠くから我々を見ているのに気付きます。
  全員同時にメガネを指で押し上げたりすると、笑いすら起こります。
  この前など、ウェイトレスさんに質問されました。

「みなさん、メガネ屋さんなんですか?」

それはないっしょ!!!


また、長年メガネを愛用している人間には、人それぞれのこだわりもあるようです。

要くんはラインの細い下縁メガネ。クールに決めています。

A子ことアキちゃんはブランド物!

編集長 (男) は「目が細くて鋭い印象を持たれることが多いから、柔らかく見えるように、縁の太いポップなものを掛けてるんだ」。

そして室長 (女) は縁なしメガネ。
 「メガネの縁が派手で目立つと、そっちにばっかり相手の目がいくでしょ? 私は、この瞳の輝きを見つめて欲しいの! だから縁なし!」

恐れ入りました〜!


●モドル●

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトは「IE5.0」で動作チェックをしています。
当サイトで使用されている全ての文章・画像・その他の無断転載、使用、複製を禁止いたします。
ご意見・ご感想・お問い合わせなどは、 isindensin@isindensin.comまでお願いします。