・最新の記事へ

・2006年 4月〜5月

・2006年 2月〜3月

・2005年 12月〜1月

・2005年 10月〜11月

・2005年 8月〜9月

・2005年 6月〜7月

・2005年 4月〜5月

・2005年 3月

 
■編集部週番日誌 2006/05/29
「裸眼ボーリング大会」


本日の週番日誌担当:Kita


先日、きゃらびぃチームでボーリング大会を開催しました。
  でも、みんなスコアが100に届かない“へなちょこボウラー”ばかり……。
  そこで編集長・まっきーが提案したのが『裸眼ボウリング』!
  これは「眼鏡・コンタクトを外してプレイしなければならない」といルール。
  メンバーの8割が視力0.1以下の我々にとっては、過酷なルールです。


ゲームは、スタート前から大波乱。
  まっきー「どれが俺のボールかわからん!」
  顔をボールに近づけ、必死で自分のボールを探す編集長(視力0.1/近視)。


ゆっきー(視力0.03/近視+乱視)は、いきなりストライク!
  すっげー! と歓声が沸き上がるのに、ゆっきーは不思議顔。
  ゆっきー「だって、何本倒れたか見えないもん」


ゆっきーの発言に、レーンに立ってみてKita(視力0.05/近視+乱視)も納得。
  ピンがどこに立っているのか見えない。
  これではゲームにならないので、要くん(視力0.1)とツバサくん(眼鏡なし)にナビしてもらうことに。
  要「右、右です! 真ん中より右側に2本残ってます!」
  気分はもはやスイカ割り。


結果は。
  まっきー「おおー。要くんがトップやなぁ」
  やっちゃん「う〜。あたし最下位です〜」
  みんなでディスプレイを見ながらスコアを確認していると、店員に声をかけられる。
  店員「何か不都合がございましたか?」
  眼鏡S「えっ!?」
  要くんは大爆笑。


ディスプレイと顔との距離は、みんな20センチ以下。
  何人も顔を寄せ合ってディスプレイをのぞき込む姿が、めちゃくちゃ怪しかったのだそうな。



●モドル●



■編集部週番日誌 2006/5/14
「Tシャツ道vol.01 in NAMBA」


本日の週番日誌担当:要


普段はネットを中心に活躍しているインディーズブランドのTシャツ販売イベント「Tシャツ道」に行ってきました。

会場内は、ブース形式になっていて、Tシャツを実際に手にとってみたり、デザイナーの方と直に会って話ができるのです。

漫画家の綾永らんさん、北道正幸さんとのコラボレートTシャツなどを扱う「unit of land」他、変り種Tシャツ引っさげたブランドがひしめく中、ビビッときたのは“宇宙餅本舗”。

胸の辺りにプリントされた、カエルやクマなどを元にデザインされた脱力系キャラクターがなんともいえず素敵。

背中側の首のところに入っているワンポイントもとってもキュートです。

デザイナーのあさましつよしさんにお話を伺ってみると、

「Tシャツは、年中着て歩くもの。だから、自分のデザインしたTシャツを買ってもらえると、たくさんの人に見てもらえることになるから、すごくうれしいです。」と素敵な笑顔で、お話してくれました。

遊び心にあふれたデザインと、飾らない言葉に、熱い情熱を感じました!

●宇宙餅本舗さんのHPはこちら→ http://www.umhonpo.com/


▲宇宙餅本舗さんのブース(「Tシャツ道」にて)





「アートストリーム イン サントリーミュージアム」

もうひとつ、GWネタを……。

大阪・サントリーミュージアムで行われた、新進アーティスト76組が参加する展覧会&マーケット「アートストリーム イン サントリーミュージアム」にも行ってきました。

ポップな感じの作品が多い中、和のテイストを前面に出した珍しいブースがあったので、のぞいてみることに。

フリーデザイナーの“もんちほし”さんのブースで、イラストカードをはじめ、石鹸、“いろはかるた”も売られていました。

中でも真っ直ぐな視線を向ける青い和服の女性と桔梗が描かれたイラストカードに強く引かれました。

その絵は、一見クールだけど内に熱い想いを秘めた“もんちほし”さんのお友達がモデル。桔梗とあわせて描いたのは、桔梗は、蟻に噛まれると蟻の口から出た蟻酸(ぎさん)が花の色素(アントシアン)を変色させるため、紫の花の色が赤く変わるところがまさにそのイメージにぴったりだったからとのこと。

この絵に限らず、どの絵もしっかりしたテーマがあり、清楚な色気が漂う艶やかなイラストにすっかり魅了されてしまいました。

その他のブースでは、似顔絵コーナーや、感じたことをその場で絵に表現するライブペイントあり、音楽ライブあり…。

多彩なアートパフォーマンスが盛りだくさんのイベントでした。

ボクのように、GWを旅行もせず近場のイベントばかり行ってきた人がいたら、教えて下さい。


●もんちほしさんのHPはこちら→http://monchihoshi.net/


▲もんちほしさんのブース(「アートストリーム イン サントリーミュージアム」にて)


●モドル●




■編集部週番日誌 2006/4/29
「メリケンサックってご存じ?」


本日の週番日誌担当:要


こんにちは。アシスタント編集員・要です。


近頃、春めいた日が続き、寒いのが大嫌いな自分には、嬉しい限りです。
  でも、暖かくなると変わった人たちをよく見かけるようになります。


お花見の帰りに酔いどれて駅の線路に落ちるおじさんや、
  自転車でこけて、そのまま道路で寝てしまっているお兄さん。
  中でも驚いたのが、携帯電話と同じぐらい大きなストラップを付けている女性でした。


よ〜く見たら…そのストラップはなんとメリケンサック!
  メリケンサックとは、手に装着してパンチ力を劇的に上昇させる金属の武器。


などと観察していたら、目が合ったので、早歩きでその場を後にする要でした。


●モドル●



■編集部週番日誌 2006/4/22
「卒業」


本日の週番日誌担当:Kita


春は卒業と入学の季節でもあります。
今年は、編集部でも3人の編集部員たちが“卒業”しました。
アルバイトで働いてくれていた人が就職したり、編集部員が新たな仕事に向かって転職することを、私たちの編集部では“卒業”と言うのです。


先日、彼らの卒業式をしました。
新しい世界へと羽ばたく彼らの顔は、やる気と自信に満ちていて、めっちゃキラキラ!
旅立つ彼らを勇気づけるための卒業式なのに、残る私たちが元気をもらってしまいました。
これからも、より良い「きゃらびぃ」を目指して作っていきます。


今年、何かを卒業した方、がんばって下さい。
新しい世界で力強く生きていく力を、あなたはきっと持っています。


●モドル●



■編集部週番日誌 2006/4/15
「花より団子」


本日の週番日誌担当:ウッチィ


こんにちは、今年は花粉症の症状が割と軽めでご機嫌なウッチィです。
  鼻で息が出来るってスバラシイ!!

先日、ご機嫌ついでに張り切ってお花見に行ってきました!

丁度いい時期だったらしく、
  満開の桜の下で友人の手作り弁当を堪能してきました。
  いいですねぇお花見。おいしいですねぇ。
  桜を見ている時間より食べ物を見ている時間の方が、明らかに長いですよねぇ(笑)。
  …いやいや、ちゃんと桜も愛でてきましたけどね! お腹が一杯になってから!!

他の編集部の面々は、事務所の隣の敷地に一本だけ植わっている桜を見てお花見気分になっているに違いない、などと勝手に酷い想像をしつつ、ずいぶんまったりした時間を過ごして来たウッチィでした。


●モドル●



■編集部週番日誌 2006/4/01
「編集長's ヒエラルキー」


本日の週番日誌担当:Kita


ある日の、編集長・まっきーとライター・ゆっきーの会話。


編集長 「この前、彼女の家に行ってきた」
  ゆっきー「へー。家族の人とは上手く話せたのですか?」
  編集長 「ご両親とは大丈夫なんやけど、犬がめっちゃ怖いんだっ」
  ゆっきー「犬? 何犬?」
  編集長 「ミニチュアダックスフンドなんだけど、俺が近づいたらガチンコでケダモノ状態。殺されるかと思った」
  ゆっきー「普段からエサあげてないと、なつかないっていうからなぁ。じゃあ、遊んでもくれないんだ」
  編集長 「『お前しかボール投げられるヤツおらんし、仕方ないから投げさせたるわ〜』って感じ。明らかに、俺がヒエラルキーの一番下。どうしたら仲良くしてくれるかなー」

悩む編集長に、ゆっきーは極上のスマイル。

ゆっきー「そんなん、誰も見てない時にキャインキャイン言わせたったらええねん」

その会話以降、編集長はゆっきーに敬語を使います。


●モドル●

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当サイトは「IE5.0」で動作チェックをしています。
当サイトで使用されている全ての文章・画像・その他の無断転載、使用、複製を禁止いたします。
ご意見・ご感想・お問い合わせなどは、 isindensin@isindensin.comまでお願いします。